マコモタケ

マコモタケの歴史

kouen.jpg

■歴史

マコモタケは漢字で書くと「真菰」と書きます。

マコモタケは、古くはお釈迦様がその葉を編んでムシロを作り、その上で病人を治療したという話が残っています。

また、お釈迦様がとても可愛がっていた象に、マコモタケの葉を食べさせたという話も有名です。

「そんな昔から?」と驚かれるかもしれませんね。

実は、米よりも古い穀物で、古代ではマコモタケも含めて「六穀」だったそうです。

アメリカインディアンが食べていた ワイルド・ライスと言われるものが、このマコモタケだといわれています。

出雲大社などでは、しめ飾りなどの神事にも使われてきました。

一部の地方で お盆に使われるキュウリとかナスなどの馬は、「送り馬」とか「かつぎ馬」と言って、ずっと昔は、マコモタケで作っていたそうです。

「かつぎ」という言葉は、「マコモタケ」の方言か、古語かとも言われています。

■その他の利用法

img_urusi.jpg

また、マコモタケの葉とか、マコモタケの粉は漆のつや出しにも利用されます。

粽(ちまき)を巻いたりする。羊羹(ようかん)をこれの葉で巻いたのもある。

マコモタケの根を粉末状にして風呂に入れると、水が腐らないと言われています。

一説には水を腐らせる湯垢や体から出る老廃物を、マコモタケの耐熱菌が分解してしまうからとも。すぐれた体内浄化作用をもち、アトピーや切り傷などに いいのではとも言われています。

あれこれありますが、要はそんな古くから私たちの生活の中にあったということです。

こんなに生活に密着していたというのに、私たちは今までマコモタケに関心が薄すぎました。

ここらで、もう1度「マコモタケ」を食材としての視点から見直してみようではありませんか?!